カレンダー

2015年4月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

あまり知られていない違い

業務用プリンター

職場などにコピーする機械がありますが、プリンター・コピー機の違いについてはあまりよく知られていません。
プリンターはモノクロ・カラーどちらも印刷出来ますが、それ単体では出来ずパソコンをつないでプリントアウトするものであり、またコピーすることは出来ません。
コピー機はモノクロ・カラー印刷とも可能であり、またコピーの他にFAXも出来ます。
なので総じてコピー機の方が使い勝手が良いのですが、その分大きさも大きく値段もかかります。
プリンターは電化製品を製造している多くのメーカーより販売されており家電量販店に行けばたくさんの製品を見ることが出来るのに対し、コピーのほうは値段も高いためレンタルする企業が多いです。

プリンターの種類について

プリンタにはインクジェット・レーザー・ドットインパクト・昇華型の種類があり、このうち個人で購入して使用する人が購入するのが多いのがインクジェットで会社など事務所で使用されているのがレーザーが比較的多いです。
インクジェットはインクを印刷用紙に吹き付けて印字する方式で印字速度が遅いのですが、本体が低価格ですがインクが高価なため家庭での使用向けとなっています。
今では1万円も出せば簡易プリンタを購入出来ます。
これに対してレーザーは感光体にレーザーを当てて電位を変化させることで磁性体を含んだトナーを吸着し熱で溶解して用紙上に定着させる方式で、印字が早いのですが大きな熱量が必要なため消費電力が大きくなります。

インクジェットとレーザーの競争について

このようにインクジェットは家庭用向けであり、多くの電化製品製造企業がしのぎを削ってより低価格の製品を開発・販売しています。
あまりにも競争が激しく本体価格は非常に低価格となっているため、本体を売っても儲けがでないという状況になってきています。
そこでインクを売って利益を出すという方針にシフトしてきています。
一般家庭で暑中見舞いの次に年賀状を作成する時にプリンタを使用することになります。
長時間プリンタを使用していないとインクが乾ききれいに作成できないといったことになるため、クリーニングやプリントテストをする指示を出します。
これによりインクを使用することになりインクの消費量が早くなって買い替えのサイクルを早めるという狙いもあります。

オススメリンク

どのような機能があるのか

最近、複合機という名前を持った印刷やコピーやスキャンができる機械が非常に多く発売されています。
こうしたことから、複合機について理解を深め、その知識を活用することは、実際に使用する上でもRead more

それぞれの特徴

この段落では、見出しの内容について書いていきたいと思います。
両方とも家庭で使ったり、会社のオフィスで使ったりと非常に私の生活に身近なものです。
その分、しっかりと理解しておかなRead more

複合コピー機としての役割

今は、大容量の情報が、瞬時に耳や目から入ってきます。
聞くだけで、見るだけで済む情報もありますが、場合によっては、情報を書類として印刷する必要が生じる事も多くあります。
特に、企Read more

関連リンク